追ってはならない復縁への道

どもりを治していく方法とは

私の身内にも、どもりがずっと続いていた人がいるのですが、大人になった今ではほとんどどもる事がなくなりました。私個人の意見としては、どもりは決して恥ずかしい事ではないと思っていますし、ましてや、笑う事など言語道断だと思います。どもりながら一生懸命話をしている人も、世の中には沢山いらっしゃるのですから。お悩みの方にはどもり 治療朗報です!

 

どもりを治していく方法は、ゆっくりしゃべる事と自分に自信を持つ事だと思います。確かに身内は引っ込み思案な性格でしたので、いつも自信がなかった様に思います。どもったら嫌だなと思うと、なかなか人前でしゃべる事が困難になってしまうのですが、できるだけ自信を持って話す様にと教え続けてきました。勿論無理のない範囲です。
後は、ゆっくりとしゃべるという事も大事でしたね。早口でしゃべろうとするとやはりどもりが出てしまいますので、時間がかかっても良いからゆっくりしゃべってもらう様にしていました。どもりが治るのには、個人差があり時間が長くかかる場合もありますが、根気よく治していくと良いのではないかと思っています。